IT業界転職「代表的な職種を紹介」40代・50代が狙うべきは?(PM、PL、SE、プラグラマー、マーケティングなど)

広告:ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています。

40代・50代IT業界転職「代表的な職種」

ひとえに「IT業界」と言っても多くの職種が存在し、それぞれにおいて役割ややること、必要なスキルが異なります。また年収も大きく変わってくるので、自分が希望する・目指す職種は明確にしておく必要があります。

ポイント

本記事では、

IT業界転職を目指しために業界の職種を解説します。

自分に適した職種を見つけましょう!

目次

請負か、自社開発かによって職種の有無が変わる

Point.
請負か
自社開発か

前提として「ソフトウェア開発請負型のIT会社」と「自社開発型のIT会社」では存在する職種に違いがあることを理解しておく必要があります。会社が提供する仕事の違いから、必要となる職種が異なるためです。

ソフトウェア開発請負型のIT会社の場合

ソフトウェア開発請負型のIT会社の場合

一般的な請負型のソフトウェア開発会社の場合、営業が受けてきた仕事をPM・PLが案件として成立させ、保守運用に引き継ぐ流れになります。営業時に提案のため営業SEが付くことがあります。

ソフトウェア自社開発のIT会社の場合

ソフトウェア自社開発のIT会社の場合

ソフトウェア・サービスを自社開発している場合は、製品企画やマーケティングといった職種が存在します。また営業も請負仕事を取ってくる営業ではなく、自社製品を販売するための営業という色合いが強くなります。

IT業界の職種

Point.
IT業界の
職種

IT業界の主な職種を表にしました。自分が気になっていた職種が、自分のイメージしている内容かよく確認してみてください。

職種概要必要なスキル
マーケティング製品企画から販促活動まで主にマーケティングに関する業務を取り扱う。製品企画と販促活動が分かれている場合もあります。・広告活動知識
・販促活動知識
・製品企画
・デザイン
IT営業
(自社製品販売)
自社製品販売型の営業はお客様やクライアントに製品・サービスを売り込む営業になります。販売代理店の獲得や各種提案、販売経路の拡大なども含まれます。・IT業界全般
・営業スキル
IT営業
(請負型受注)
請負型の営業はお客様の要件をお聞きしてご提案、お見積りを行い仕事(案件)を受注する仕事になります。営業SEを同行したり、納期や社内リソースの状況を見て提案や受注をしていかなければならず、社内調整能力も求められます。・IT業界全般
・営業スキル
営業SE
(セールスエンジニア)
営業に同行して技術分野のQAにフォローをしたり、具体的なシステムの提案などをします。技術に明るいことを武器にしてお客様の信頼を得つつ、準営業活動をしていかなければなりません。また納期や社内リソースの状況を見て提案や受注をしていかなければならず、社内調整能力も求められます。・IT業界全般
・提案
・プレゼン
PM
(プロジェクトマネージャー)
製品開発、または請負型の場合、案件(システムの構築)全般をマネジメントする職種です。製品・システム開発における実質上の責任者です

マネジメント能力に加え、コミュニケーション能力、費用調整、リソース調整、リスク管理能力など多岐にわたる能力が必要であり、かつ、案件が炎上したり、障害・トラブルが発生した際には強いリーダーシップをもって解決に臨まねばなりません。

苦労も多い職種ですが、「自分の製品・自分の案件」と思える職種であり成功した時の達成感は格別です。また給与面でも高収入が期待できます

40代・50代のITエンジニアが最も目指すべき職種とも言えます。
・技術分野全般
・提案
・プレゼン
・プロジェクトマネジメント
PL
(プロジェクトリーダー)
プロジェクトの一部分(フロント側、サーバ側、データベース、インフラ、ネットワーク)に対してリーダーとして設計・開発を取りまとめる職種です。

担当する部分の深い技術知識を有していることと、チームメンバーに対する指示・指導をしなければなりません。
・技術分野全般
・設計
SE
(システムエンジニア)
システムの各設計を行い、プログラマーへ設計内容を伝えます。
またお客様とのシステム部分のコミュニケーションも担当します。
コードのレビュー、テスト仕様書の作成などを行うこともあり、システム全般の「なんでも屋さん」的立ち位置になります。
・技術分野全般
・設計
PG
(プログラマー)
設計書をもとにコーディングを行います。
プログラミングスキルが必要です。
・プログラミング
テスターテスト仕様書をもとに、テストを行います。
テストスキルが必要です。
・テストに関する知識
保守・運用担当者システムや製品の保守運用や、サポートを行います
保守・運用は、技術に対する深い知見が必要になるとともに、お客様に対する接し方、答え方などといったサポートスキルも必要になる高度な職種です。
・技術分野全般
・保守
・サポート(QA)
管理職課長・部長などの管理職です。・マネジメント

技術分野で呼称が変わる

Point.
技術分野で
呼称が変わる

一言でITエンジニアと言っても、ITには「オープン系」や「インフラ系」など多くの技術分野があり、各々で呼称が変わります。主な呼称を表にしました。転職時の希望などで自身の希望する技術分野を指定する大事なポイントの一つになりますので、しっかり把握しておきましょう。

職種(名称)概要技術分野
システムエンジニア技術分野問わずIT系エンジニアの総称です。全般
Web系エンジニアWebサイトやスマホサイト上で提供されるWebシステムに関わるエンジニアです。

Web系エンジニアは、さらにユーザーの目に見える部分を担当する「フロントエンジニア」と、サーバー側のロジックなど内部の処理を担当する「バックエンドエンジニア」に分類されることがあります。
Web関連
Webディレクター / WebデザイナーWebサイト(ホームページなど)をデザイン、構築する職種です。

「Web系エンジニア」はWeb上で動作するシステムを取り扱いますが、Webディレクター / Webデザイナーは一般的なホームページを取り扱います。
ホームページなど
データベースエンジニアデータベースに関する設計・構築を行うエンジニアです。

データベースの選定、設計から、スキーマやテーブルの設計、構築までも担当します。データベース全般ですね。特にデータベースの冗長化設計や大量レコードが取り扱いできるようにスキーマなどを設定するためには知見と経験が必要であり、どこのシステム開発でも重用されるエンジニアです。
データベース
インフラエンジニアシステムのインフラ部分を担当するエンジニアです。
ハードウェア(サーバー)部分が主な担当で、サーバーの台数やスペック、冗長化、さらにOSや使用するミドルウェアなどを設計・構築します。ネットワーク部分を合わせて担当することもあります。
インフラ
(ネットワーク含む)
ネットワークエンジニア大規模なシステムでは、インフラエンジニアとネットワークエンジニアを分けて取り扱うこともあります。ネットワーク部分を担当するエンジニアです。ネットワーク設計やネットワーク機器の調達、設置を担当します。
ネットワーク
セキュリティエンジニアセキュリティ面を中心に担当するエンジニアです。昨今のシステム(特に Web システム)ではセキュリティの担保は必須です。ハードウェア、ネットワーク、ソフトウェア全般に対してセキュリティ面を担保するための知識が必要です。
セキュリティ
組み込み系エンジニア組み込み用ソフトウェアを中心に取り扱うエンジニアです。

カーナビや家電、各種電気機器などには内部でソフトウェアが組み込まれています。電子・電気機器に組み込むソフトウェアを取り扱い業種を組み込み系と言います。

電子・電気機器に組み込まれているOSはUNIX/LINUX系の特化したOSであることも多く、また言語もCやC++など比較的オールドなプログラミング言語を用いることも珍しくありません。特化したスキルが必要です。

(※)組み込み系では処理のためOS、HWレイヤーに近い部分の処理が求められることがあります。昨今の上位層で完結する言語(Javaなど)ではなく、下層レイヤーを操作できる C言語などが重用されます。
組み込み系
社内SE自社のシステム開発や運用、保守を行う職種です。
「情報システム部」などに所属します。

社内システムの開発を外部の開発会社に委託する場合が多く、発注側の立場になることも多い職種です。社内からのシステムに対する要望(不満)や締め上げが半端なく来る場合もあり、社内向けだから楽というわけではないので注意が必要です。

昨今はどの業種でもITシステムは必須ですので、所属する会社の業種は問われません。
社内
SESSES は「システムエンジニアリングサービス」の略です。

主に SES はクライアントの会社に常駐(リモートもあり)してシステムエンジニア業務についたり、お客様のシステムの保守・運用などを担当します。派遣元とクライアント間の契約は準委任契約になります。
全般

40代が狙うべき職種

Point.
40代が狙うべき
職種

どの職種でもすばらしい必要な職種ですが、40代になれば自身のキャリアアップや給与面を気にして職種を選びたいものです。40代がIT業界転職を実現するために、おすすめの職種を紹介します。

高年収・キャリアアップを目指したいなら PM

キャリアアップ

40代の転職は即戦力としての側面が大きいですが、将来の大規模PM候補としての採用もあります。いまPMを実績として持っている方はもちろん、まだPL、SEレイヤーで業務している方も、将来のPM候補としての採用が期待できます。

PMは案件全体の取りまとめ、責任者となることから仕事の質も大きさも格段に変わります。その分収入も増えていきますので、40代の転職でPMとしてのキャリアアップを狙っていくのはとても良い選択です。

ワークライフバランスを重視したいなら、保守・運用、社内SE

ワークライフ

転職に求めるものがワークライフバランス(人生の多様性)であるならば、がつがつした仕事よりも、ある程度安定した仕事を求める時期に来ているのかもしれません。保守・運用や社内SEは確実に需要があり、また年代問わず必要になる職種です。50代になって管理職への道もあるかもしれません。

ただし、保守・運用や社内SEは業種や技術分野によっては、休日出勤や夜間勤務になることもあるため、もともとのワークライフバランスとは逆の方向に行ってしまうこともあります。仕事の内容や待遇面をよく確認して応募することが大切です。

50代が狙うべき職種

Point.
50代が狙うべき
職種

50代に求めるものは高度な次元での即戦力です。今後の成長やキャリアアップではなく、現在持っているスキルをどう活かすかがポイントです。

実績を活かして PM

実績を活かす

すでにPMの経験を積んでいるのであれば、より大規模な案件を担当できるPMとして、中堅・大手のSIerなどにPMとして転職活動をするのが良いでしょう。転職早々に大規模な案件のPMを任されることもあるため、不安な面もあるかと思いますが、それだけの収入も期待できます。

ITコンサルタント

コンサルタント

上記の職種一覧にはありませんが、50代の転職であればITコンサルタントを目指すのも一つの選択です。コンサルタントは業界や業種の経験をどのようにコンサルに活かすかが技量となるため、今まで積み重ねてきた経験が無駄にはなりません。

また、大手コンサルタントはチームで動くため、50代でコンサル未経験でも序盤はチームの一員として入ることで仕事を覚えることができ、50代未経験でも転職可能性がある業種変更として候補に挙げられます。

ITコンサルタントは多くの場合、給与面でも収入アップの可能性が見込まれます。

転職エージェントを使う

Point.
転職エージェントを
使う

実際に仕事する内容や給与面、ワークライフバランス、待遇などを総合的に見て、実際に自分に適した業種や職種を探すときは転職エージェントと相談するのも一つの方法です。転職エージェントはその道のプロ、数多くの業種や職種を知っていることはもちろん、多くの転職を実際に見てきているので、どのような人がどのような転職をするのがベスト・ベターかを知っています。

一度登録して相談してみるのも良いでしょう。

おすすめ転職サービス・エージェント

PR
転職サービスおすすめする人特徴
リクナビ NEXT全般的にどのような人にもおすすめです ・案件が豊富、企業から直接のオファーも多い
・マイページから直接の応募ができる
社内SE転職ナビ
社内SEを目指す方 ・業界最大級の社内SE求人数
プログラマーやSEの転職なら@PRO人 IT業界に特化したプロとしての相談をしたい方 ・アドバイザーはIT業界経験者
【キャリアインデックス(IT・エンジニア)】 幅広く転職先を探したい方 ・複数の転職サービスや、ハローワークと提携(サービスをまたいで求人検索)
Tech Stars Agent
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を希望する方 ・エンジニア経験のあるコンサルタントのみ担当で共感できる

まとめ:「代表的な職種を紹介」40代・50代が狙うべきは?

「IT業界」と言っても多くの職種が存在し、それぞれにおいて役割ややること、必要なスキルが異なります。また年収も大きく変わってくるので、自分が希望する・目指す職種は明確にしておく必要があります。

ポイント
  • 自社開発と請負で職種の有無が異なる
  • IT業界の職種は営業系、マーケティング系、技術系それぞれ多岐にわたる
  • 技術分野によってエンジニアの呼称が変わる
  • 40代・50代におすすめの職種がある
  • 転職エージェントに相談すると適職をアドバイスしてもらえる可能性が高い

現状の自己分析と、自分の希望をよく考察しながら、転職エージェントなども利用して、よりよい転職を目指しましょう。希望の転職が成功したら、新しい毎日がやってきますね。

一番上に戻る(Back to the initial position on click.)

トップページ(Home.)

ページのトップに戻る
広告の設置・収入について

当サイトは Amazonのアソシエイトとして、適格販売により収入を得ています。

当サイトは Google アドセンスを利用し、広告により収入を得ています。

当サイトは ASP が提供するサービスを利用し、広告、適格販売により収入を得ています。

電気通信事業法改正に伴う表記

  • URLをコピーしました!
目次