40代からの未経験からのIT業界への転職!可能性あります!無理ではない理由と転職を成功する方法

広告:ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています。

40代、IT業界未経験でも転職する方法

「40代の今からでもIT業界に転職することはできるのだろうか?」

「IT業界に興味があるが、40代、未経験でも始められるだろうか?」

実は40代からIT業界にチャレンジしたいと考えている方は少なくありません。プログラマーやシステムエンジニアは手に職のある安定した職業の一つと考えられるため魅力がありますよね。

ただし年齢が40代となると厳しいのでは?とも思われがちです。実際には、40代未経験がIT業界に転職することも努力や方法次第では可能です。

ポイント

本記事では、

40代からの未経験IT業界転職の方法を解説します。

IT業界で働きたい!その思いを叶えよう!

目次

IT業界の職種の流れ(最初はプログラマーから始める)

Point.
IT業界の
職種の流れ

IT業界の職種には、「プロフラマー」や「システムエンジニア」、「プロジェクトマネージャー」など様々な職種があります。何を目指せばよいのでしょうか?

実際には、IT業界の職種にはキャリアアップの順番があります。飛び越えての転職はほぼ不可能と言えるでしょう。特に未経験の人がIT業界での仕事を始める場合は、順番に上がっていく必要がありますので、実際の職種の順番を見てみましょう。

IT業界の職種のキャリアアップ例

キャリアアップの例

未経験な状態で、いきなり「プロジェクトリーダー」や「プロジェクトマネージャー」をやりますとは言えません(採用してもらえません)。40代であっても順番がありますので、未経験からIT業界に進む場合は最初はプログラマーを目指すことになります。

40代未経験者がIT業界に転職する方法

Point.
IT業界に
転職する方法

実際、企業側が採用する際に40代のITエンジニアに求めるものは「即戦力」です。ITに関わる知識を持っており裏付けとなる実績が必要になります。20代であれば「教える」ことも視野に入れて人物としてのポテンシャルで採用されることもありますが40代は実績が無いと難しいのが現実です。

したがい、「①プログラミング技術を覚えること」、「②アルバイトや派遣などで実績を積むこと」のように順番に進めていく必要があります。

Step.1 プログラミング技術を覚えること

プログラミング

未経験でIT業界に転職するためには、プログラマーから始める必要があります。また、40代は即戦力としてみられるため、プログラミング技術は身につけておかなければなりません。

しかし独学で習得したプログラミング技術は基本的に評価されません。

40代未経験がプログラミング技術は身に着けるのであれば、プログラミングスクールに通うのが一つの方法です。

ポイント

なぜ独学で身に着けたプログラミング技術が評価されないのか

独学で学んだ場合や、趣味で作ったソフトウェアは「動けばいい」になりがちですが、仕事で作るソフトウェアは「不具合なく動かないといけない」になります。この「不具合なく」の部分は業務としてプログラムを作っていなければ身に着けるのは難しい部分です。

例えば、信号機を渡るロジックを組んだ場合、独学・趣味の方は以下のように組みがちです。

信号機がある
 「青」の場合
   → すすむ
  「黄色」の場合
   → 〇〇の場合は進み、〇〇の場合は止まる
 「赤」の場合
   → 止まる

一見あっているように見えますが、仕事として作る場合は、処理が足りません。

信号機がある
 「青」の場合
   → すすむ
  「黄色」の場合
   → 〇〇の場合は進み、〇〇の場合は止まる
 「赤」の場合
   → 止まる
 「それ以外」
   → 〇〇の場合は進み、〇〇の場合は止まる

信号機が常に正常に稼働しているとは限りません。例えば信号機が故障している場合は「青」「黄色」「赤」のいずれも点灯していません、すべてのパターンを網羅するために「それ以外」などのケースの追加が必要です。

このように確実性のあるプログラミング技術はスクールや実務で身についていくことが多いです。

40代未経験者がいきなり「プログラミングの技術を実務で教えてください」と言って雇ってくれるところはありませんので、まずはプログラミングスクールに通って覚えることになります

技術分野によって使うプログラミング言語が異なります。自分の目指す技術分野に沿ったスクールに通いましょう。

おすすめのスクールです。

Web 系

Web 系システムを目指す方

PR

IT業界の転職は「実績」「実務経験」が大事です。実際に「経験者」相当が目指せるプログラミングスクールは、特におすすめです。

40代の転職の場合、プログラミング技術を覚えるだけではなく、転職可能性が高まるプログラミングスクールを選ぶことが重要です。

Step.2 派遣・アルバイトなどで実績を積む

実績を積む

実績が無い状態でいきなり正社員採用は厳しいものがありますが、派遣・アルバイトであれば十分に採用される可能性があります。派遣・アルバイトで実績を積み、正社員採用への足掛かりとするのがスムーズです。

  • 実績が無いといきなり正社員採用は難しい
  • 派遣・アルバイトであれば未経験採用の可能性は高い
  • 派遣・アルバイトで実績を積み正社員への登用、転職チャレンジをする
お仕事紹介サイトでの副業も一つの方法

「クラウドワークス」「ココナラ」などを利用する

最近、個人で仕事を受けられる「お仕事紹介サービス」があります。ホームページ作成や、プログラミングなどの依頼も多いので、収入を得つつ実績を積み重ねる一つの方法です。

ココナラ

PR

クラウドワークス

PR

いきなりオープン系(Java や C#などの汎用言語)でバリバリ組むソフトウェアの受注は難しいものの、Web ページ作成などの HTML、CSS関係であれば、クラウドワークス、ココナラでも十分受注できる可能性があります。

実績を積めば、クライアントから重用され、ディレクターでの採用や、契約社員、正社員登用なども可能性もゼロではありません。副業としても有用なため、現在の仕事を継続しつつ、チャンスを広げることができるもメリットです。

Step.3 信頼を得て、契約社員、正社員への道を開く

信頼を得る

派遣・アルバイトでも(ココナラでもクラウドワークスでも)、同じ職場、同じクライアントで長く仕事を続けていけば、その仕事については「詳しい人」となり、なくてはならないキーパーソンになっていくことでしょう。

あなたが、「この仕事を続けるうえで必要な人」「生産性の高い人」と認識されれば、クライアント・企業側は手放したくないと思います。単価アップのチャンスであり、契約社員、正社員への道が開く瞬間でもあります。

未経験から、すぐにIT業界転職を目指すなら

Point.
未経験からの
一発転職

40代で未経験からすぐにIT業界に契約社員、正社員で転職するのは前述の通り難しいのは事実ですが、実際には可能性はゼロではありません。チャレンジは無料ですので、上記で案内しているステップ(プログラミングスクールなどで学ぶ)での技術習得と並行して転職活動を進めてもいいですね。

本章では、40代で未経験からIT業界に一発転職するポイントなどについて解説します。

40代未経験からIT業界への転職が難しい理由

理由を知る

なぜ未経験がIT業界に転職するのが難しいのか、その理由を知ることは対策するうえで重要です。主な理由3点を解説します。

未経験がIT業界に転職するのが難しい主な理由

  • 即戦力が必要
  • IT業界のスピードについていけない(かもしれない)
  • 給料が低い(同じ給料なら若手を採用する)

即戦力が必要

企業が40代に求めることは即戦力です。入社してすぐにパフォーマンスを出してくれる人を必要としており、基本的に教育するという観点では採用しません。どうしても経験者が採用の中心になってきます。

ポイント

40代のIT業界転職では「即戦力」としての採用中心である。

IT業界のスピードについていけない(かもしれない)

IT業界の技術(必要となる知識)の変化スピードは他業種に比べても圧倒的に早く、ついていくのが大変です。

IT業界を長く続けてきた人は、経験でカバーできたり、新技術を吸収するコツを知っていて、付いていくことができますが、IT業界での下積みが無い未経験の場合、新技術を覚えていくコツ・ノウハウがわかりません

実際には未経験でもセンスのある方も多くいますが、採用側から見て、面接などでそこまで見抜くことは難しいので、未経験を遠慮してしまう傾向になります。

ポイント

40代未経験ではIT業界の技術の変化スピードについていけないのではないかと思われてしまう。

給料が低い

IT業界では、「プログラマー」→「システムエンジニア」→「プロジェクトリーダー」(または管理職)とキャリアを積み重ねていくため、未経験の場合、おおむね「プログラマー」からの採用になります。

しかし「プログラマー」は20代でも40代でも大きく生産性が変わることは無いため、年代に見合った給料が得られないのが現実です。

同じ額の給料を支払い、同程度のパフォーマンスとなるのであれば、企業はより若手(20代)を求めます。

ポイント

40代未経験からのIT転職では、給料面が(年代平均よりも)低く抑えられてしまう。

40代未経験からIT業界への転職をチャレンジする場合

チャレンジする

40代未経験でも採用したい企業・職種を狙う

現在、IT業界は圧倒的な人で不足です。応募者の絶対数が足りない現状もありますが、好待遇、人気の職種に応募者が集まるため、偏りが出ていることも否めません。

しかし企業側は人がいないと困るので、40代未経験でも採用したいと思う企業もあります。多少、条件がわるくなるかもしれません、希望が通らない場合もありますが、未経験とのバーターと思ってIT業界への転職の最初の一歩とすることも一つの方法です。

未経験でも採用(募集)がある例

  • 地方の企業のため、人材確保を優先しているIT企業
  • システムの対象の業界がニッチのため、業界経験を優先しているシステム企業
  • あまりにも人で不足でとにかく募集している企業(※ブラック注意)
  • 社内SE(情報システム部の社内システム運用担当など)

社内SEでは、システム開発を伴うSEの場合もありますが、グループウェアの運用やメンテナンスなどを中心とする業務もあります。もし今までの経験で社内のシステムを取り扱っている実績などがあれば、チャンスがあるかもしれません。

キャリアを活かす業種を狙う

IT業界と言っても、システム開発会社では〇〇業界向けのシステム開発など、社内SEでは〇〇業界の会社の社内SEなど、実際に取り扱う業界は特定されている場合があります。

  • 金融系システム開発ならば「金融」の業務に詳しい必要がある
  • 製薬系システム開発ならば「製薬」の業務に詳しい必要がある
  • 流通系システム開発ならば「流通」の業務に詳しい必要がある

「その業界の業務に詳しい」というのは特筆するべきスキル・実績になります。40代IT業界未経験だったとしても、業界・業務に詳しいことをアピールすることで、IT業界に転職できる可能性が出てきます。

ポイント

お客様にシステムを提案する営業(セールスエンジニア)や、業務とシステムをすり合わせるITコンサルタントなども狙うことができますので、プログラマーから始めるよりも良い転職ができる可能性があります

転職エージェントに相談する

チャンスがゼロではありませんが、40代未経験からIT業界に転職する場合、応募できる(可能性のある)企業を探すことから難しいのが実際です。一人で検索して見つけていくのは厳しいと言わざるを得ません。

転職サービス・エージェントに登録して、転職に対するアプローチを相談しつつ、希望に合う企業を紹介してもらう方が可能性が高まります。

最初の面談では厳しいことを言われるかもしれませんが、情熱と誠意をもって臨みましょう。

40代おすすめ転職サービス・エージェント

PR
転職サービスおすすめする人特徴
マイナビ転職エージェントサーチ
幅広く転職活動を進めたい方転職エージェントが保有する求人情報を常時数万件以上公開
リクナビ NEXT 全般的にどのような人にもおすすめです件が豊富、企業から直接のオファーも多い
マイページから直接の応募ができる
ミドルの転職 よいエージェントを見つけたい人エージェントからの連絡が多い

担当者とのやり取りで(テキストメッセージ)で雰囲気を確認してから面談できる
社内SE転職ナビ
社内SEを目指す方業界最大級の社内SE求人数
プログラマーやSEの転職なら@PRO人 IT業界に特化したプロとしての相談をしたい方アドバイザーはIT業界経験者
【キャリアインデックス(IT・エンジニア)】 幅広く転職先を探したい方 複数の転職サービスや、ハローワークと提携(サービスをまたいで求人検索)
Tech Stars Agent
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を希望する方エンジニア経験のあるコンサルタントのみ担当で共感できる

まとめ:40代からの未経験IT業界転職の方法

Point.
40代未経験転職
まとめ

40代で未経験からIT業界に転職するのは厳しいのは事実ですが可能性はゼロではありません。何事もチャレンジは大切で今日が人生で一番早い日です。自分の人生は自分で決める!チャレンジを追い求めること、応援します。

ポイント
  • プログラミング技術を覚えることが必要
  • 派遣、アルバイトなどで実績を積んだ方がいい
  • 実績を積めるプログラミングスクールを活用する
  • 40代未経験でも採用したい企業・職種を狙う
  • キャリアを活かす業種を狙う
  • 転職エージェントに相談する

あきらめない!あきらめなければ道が開けることもあります。IT業界に魅力を感じ、40代からでも挑戦したいと思う気持ちは素晴らしいことです。厳しいのは事実ですが、チャレンジ応援します。

より良い転職をして、より良い明日をつかみましょう。

一番上に戻る(Back to the initial position on click.)

トップページ(Home.)

ページのトップに戻る
広告の設置・収入について

当サイトは Amazonのアソシエイトとして、適格販売により収入を得ています。

当サイトは Google アドセンスを利用し、広告により収入を得ています。

当サイトは ASP が提供するサービスを利用し、広告、適格販売により収入を得ています。

電気通信事業法改正に伴う表記

  • URLをコピーしました!
目次