50代、未経験からのIT業界への転職・転身!成功させる方法を解説

広告:ページ内にてアフィリエイト広告を利用しています。

50代、IT業界未経験でも転職する方法

IT業界で働いてみたいと思う方は多いですが、50代が未経験からチャレンジできるか?については「難しい」とお考えの方も多いでしょう。

実際には、IT業界は年齢が高くなるほど経験が必要な業界です。そのため、50代未経験がIT業界に入っていくのは簡単ではありません。むしろ難しい狭き門ですが、決して可能性がゼロではありません。

何歳になってもチャレンジは素敵です。
始めるなら今日が一番早い日です。

とはいえ、無策で進めてはチャレンジの門にすらたどり着くことはできません。50代の未経験者がIT業界を目指すにはそれなりに知識や準備が必要になります。

ポイント

本記事では、

50代からの未経験IT業界転職の方法を解説します。

IT業界で働きたい!その思いを叶えよう!

目次

Web 系が狙い目

Point.
Web 系
狙い目

IT業界といっても技術分野は広く、それぞれ使う技術も異なります。たとえば、ホームページなどを作成する Web ディレクター系もあれば、ビジネスシステムを作るオープン系エンジニアもあり、片方では熟練した技術者だったとしても、別の技術分野で活躍できるとは限りません。

「自分がどの『技術分野』で輝きたいか?」は最初に必要となる選択です。

技術分野(Web系、オープン系)

技術分野

50代未経験から狙っていける技術分野は、主に3種類あります。(他にもありますが、より経験が必要な分野になり難易度が高くなります)

技術分野の目指すイメージ

難易度と、自分に合う・合わないを見極めつつ、狙っていく技術分野を決めて、適切なアプローチをしていくことが必要です。

WEB デザイン系

WEBデザイン系

WEB デザイン系は、主に会社や飲食店、美容院などに向けたホームページ作成のお仕事になります。

技術が覚えやすく、プログラミング技術よりもデザインセンスがより重要視されることもあり、50代未経験からでも大きく羽ばたけるチャンスがある技術分野です。

  • 会社のホームページを作成する
  • 飲食店のホームページを作成する
  • 美容院のホームページを作成する
  • 〇〇のホームページを作成する

必要なスキルは「WordPress を使うスキル」、「HTML+CSS+JavaScript」、「アイコンやイラストのデザイン」ですが、最近はノーコードでも作成できる部分が大きく、取り掛かりやすいのが特徴です。

Web デザイン系の技術の覚え方

Webデザイン系に必要な技術は主に3点あります。

必要なスキル
  • 「WordPress を使ったホームページ作成」スキル
  • 「HTML+CSS+JavaScript」スキル
  • 「アイコン・イラスト作成」スキル

Webデザイン系の技術は独学でも覚えられますが、仕事としたいのであればスクールなどで教わったほうが確実です。

まずは基礎となる部分から丁寧に覚えられるスクール「1st-Step」さんで受講してみてみると雰囲気がわかりやすいですね。

おすすめのスクールです。

Web 系

最初の一歩目を踏み出したい方

PR

未経験者に向けたオンライン完結のプログラミングスクールです。

副業でやってみる

50代では実績がない状態では転職・転身は厳しいのが現実です。生活費も必要ですからいきなり本職の転身ではなく、副業で実践してみるのがおすすめです。

ポイント

ホームページの作り方や HTML、CSS の使い方を覚えたら、クラウドワークスココナラなどのお仕事紹介系のサービスで単発の仕事探してみましょう。

未経験とはいえ、50代の転身であれば技術ポイントは自分で事前に学習して使えるようになっておく必要があります。独学かスクールで事前学習をしておきましょう。

お仕事紹介サイトでの実際に仕事してみる

「クラウドワークス」「ココナラ」などを利用する

最近、個人で仕事を受けられる「お仕事紹介サービス」があります。ホームページ作成や、プログラミングなどの依頼も多いので、収入を得つつ実績を積み重ねる一つの方法です。

ココナラ

PR

クラウドワークス

PR

Web サイト制作会社に転職する

ココナラやクラウドワークスなどで実績を積み、ポートフォリオ(自分の実績)が増えてくれば、Webサイト制作会社への転職できる可能性が出てきます。「このくらいのものが作れるんだ」とか「お客様のご要望を聞いてサイトを構築した(ディレクションした)」などの経験をアピールできますね。

IT業界は人出不足です。
50代でもスキルと実績があれば転職が可能です。

自分のスキルや状況に合わせて(採用可能性のある)企業を見つけていくのなかなか大変です。転職エージェントに登録して応募先を紹介してもらうことをおすすめします。

50代おすすめ転職サービス・エージェント

PR
転職サービスおすすめする人特徴
マイナビ転職エージェントサーチ
幅広く転職活動を進めたい方転職エージェントが保有する求人情報を常時数万件以上公開
リクナビ NEXT 全般的にどのような人にもおすすめです案件が豊富、企業から直接のオファーも多い
マイページから直接の応募ができる
社内SE転職ナビ
社内SEを目指す方業界最大級の社内SE求人数
【キャリアインデックス(IT・エンジニア)】 幅広く転職先を探したい方複数の転職サービスや、ハローワークと提携(サービスをまたいで求人検索)
Tech Stars Agent
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を希望する方エンジニア経験のあるコンサルタントのみ担当で共感できる

独立する

会社に勤めるだけが人生ではありません。ココナラやクラウドワークスで収益を上げられるレベルになれば、独立して個人事業主、法人として仕事を受注していくのも一つの方法です。

WEBサイト制作は、案件数も多く、
参入しやすいので比較的「独立」しやすい分野です。

WEB オープン系

WEBオープン系

WEB オープン系は、主に BtoB や BtoC の Web 上で使えるシステムを構築する仕事です。

お客様のご要件や要求仕様にそってシステムを構築し、提供していく仕事で、いわゆる「システムエンジニア」に代表される仕事です。プログラマー(コーダー)から設計者、テスター、プロジェクトリーダーなど多様な職種があり、チームをまとめ上げる位置(プロジェクトマネージャーなど)で仕事ができれば相応の年収が期待できます。

経験が大きく必要な分野であり、
50代未経験での転身・転職は厳しいのは事実です。

とはいえ、可能性は完全にゼロというわけではありません。

必要なスキルは「HTML+CSS+JavaScript」に加えて「PHP、Ruby や Java などの本格的プログラミング言語」です。

Web オープン系の職種の流れ(最初はプログラマーから始める)

Web オープン系には、キャリアアップの順番があります。飛び越えての転職・転身はほぼ不可能と言えるでしょう。特に未経験の人がIT業界での仕事を始める場合は、順番に上がっていく必要があります。

IT業界の職種のキャリアアップ例

未経験な状態で、いきなり「プロジェクトリーダー」や「プロジェクトマネージャー」をやりますとは言えません(採用してもらえません)。50代であっても順番がありますので、未経験からIT業界に進む場合は最初はプログラマーを目指すことになります。

ポイント

「プログラマー」は20代でも30代でも40代でも50代でも大きく生産性が変わることは無いため、年代に見合った給料が得られないのが現実です。

それでもIT業界にチャレンジしたいという決意と信念が必要です。

Web オープン系の技術の覚え方

Web オープン系に必要な技術は主に2点です。

必要なスキル
  • 「HTML+CSS+JavaScript」スキル
  • 「PHP、Ruby や Java などの本格的プログラミング言語」スキル

独学で覚えてもほぼ認められません。趣味や独学でプログラムを行った場合、仕事として気を付けなければならない点が身につかないため、実務で覚えていくのが通常です。

しかし、50代未経験に対して実務で教えてくれることはほぼありませんので、自己への投資としてプログラミングスクールで学ぶことが必要です。

Web オープン系を真剣に目指すなら、高度な技術が必要

Web 系

最初の一歩目を踏み出したい方

PR

未経験者に向けたオンライン完結のプログラミングスクールです。

派遣・アルバイトなどでも構わず仕事する

実績が無い状態でいきなり正社員採用は正直本当に厳しいです。

とはいえIT業界は人出不足なので、人材は欲しい。とすれば、派遣・アルバイトであれば十分に採用される可能性があります。派遣・アルバイトで実績を積み、正社員採用への足掛かりとするのがスムーズです。

  • 実績が無いといきなり正社員採用は難しい
  • 派遣・アルバイトであれば未経験採用の可能性はある
  • 派遣・アルバイトで実績を積み正社員への登用、転職チャレンジをする

実績を積めば、クライアントから重用され、契約社員、正社員登用なども可能性もゼロではありません。

50代未経験からの転身といっても地道に下積みをしていく必要があります。

ポイント

「PHP、Ruby や Java などの本格的プログラミング言語」を用いたシステム構築に50代未経験から転職することは、やはり現実的には厳しいです。

50代未経験がIT業界に転身したい場合は、「WEB デザイン系」をおすすめします。

オープン系(オープンシステム系)

オープン系

オープン系は、主に BtoB や BtoC の一般的に使うシステムを構築する仕事です。

Web 上のシステムの場合もあれば、Web ではないアプリケーション・システムの場合もあります。利用言語は PHP や Ruby よりも、よりロジカルな Java や C# などの汎用的プログラミング言語の使用率が高くなります。

転職・転身に関する考え方は、WEB オープン系と一緒です。

ポイント

「Java、C# などの本格的プログラミング言語」を用いたシステム構築に50代未経験から転職することは、やはり現実的には厳しいです。

50代未経験がIT業界に転身したい場合は、「WEB デザイン系」をおすすめします。

業界特化型ITコンサルタントを狙う

Point.
業界特化型
ITコンサルタント

とにかく「IT業界」に転職・転身したい場合は「業界特化型ITコンサルタント」を狙う方法がおすすめです。

「業界特化型ITコンサルタント」とは、例えば金融業界、流通業界など、一つの業界に特化してIT化(DX化)などをコンサルする仕事です。

「業界特化型ITコンサルタント」は業界に特化した知識が必要です。

いままで経験してきた業界の知識をベースに、ITの一般的な知識を身に着ければ「業界特化型ITコンサルタント」ができます。IT業界経験者が業界知識を付けるのも、業界経験者がIT知識を付けるのも努力するのは一緒ですね。

「業界特化型ITコンサルタント」を目指すなら、転職エージェントとキャリアについてよく相談しましょう。

50代おすすめ転職サービス・エージェント

PR
転職サービスおすすめする人特徴
マイナビ転職エージェントサーチ
幅広く転職活動を進めたい方転職エージェントが保有する求人情報を常時数万件以上公開
リクナビ NEXT 全般的にどのような人にもおすすめです案件が豊富、企業から直接のオファーも多い
マイページから直接の応募ができる
社内SE転職ナビ
社内SEを目指す方業界最大級の社内SE求人数
【キャリアインデックス(IT・エンジニア)】 幅広く転職先を探したい方複数の転職サービスや、ハローワークと提携(サービスをまたいで求人検索)
Tech Stars Agent
IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を希望する方エンジニア経験のあるコンサルタントのみ担当で共感できる

まとめ:50代、未経験からのIT業界への転職・転身

Point.
50代未経験転職
まとめ

50代で未経験からIT業界に転職するのは厳しいのは事実ですが可能性はゼロではありません。何事もチャレンジは大切で今日が人生で一番早い日です。自分の人生は自分で決める!チャレンジを追い求めること、応援します。

ポイント
  • 50代未経験からのIT業界なら「Web 系が狙い目」
  • 独学ではなく、スクールなどでしっかり技術を覚えることが必要
  • 副業、アルバイト、派遣などで実績を積むことが必要
  • 業界特化型ITコンサルタントも一つの方法

あきらめない!あきらめなければ道が開けることもあります。IT業界に魅力を感じ、50代からでも挑戦したいと思う気持ちは素晴らしいことです。厳しいのは事実ですが、チャレンジ応援します。

より良い転職をして、より良い明日をつかみましょう。

一番上に戻る(Back to the initial position on click.)

トップページ(Home.)

ページのトップに戻る
広告の設置・収入について

当サイトは Amazonのアソシエイトとして、適格販売により収入を得ています。

当サイトは Google アドセンスを利用し、広告により収入を得ています。

当サイトは ASP が提供するサービスを利用し、広告、適格販売により収入を得ています。

電気通信事業法改正に伴う表記

  • URLをコピーしました!
目次